読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェス日記

未だフェス初心者の僕がフェスについてブログに書き留めていきます。

フジロックの服装(長靴の本質について)

 野外フェスで足元の定番といったら長靴ですよね。だけど、中には1日長靴を履いてたら正直暑いし蒸れそうで、いやだなっている人も多いと思います。

 ですが、僕は長靴を持っていくことを強くお勧めします。というのも、会場は保蔵されているわけではないので夕立なんかでいったん雨が降るとすぐぐちゃぐちゃになってしまうからです。

 むき出しの土が、雨でぐちゃぐちゃになっているところに、何万人も人が飛んだり跳ねたりするわけですから、地面はさながら田んぼみたいになっています。そこにスニーカーで突撃するってけっこうつらいですよね。。

 なので、長靴持参は強くおすすめします。1日目は夕立が降って、2日目がピーカンだったりすると、二日目から参加の人は油断して普通の靴で会場に来てしまいますが、前日の雨でぐじゅぐじゅだったりすることが多々あります。

 一緒に行った友人は、クロックスのサンダルである意味覚悟を決めていましたが、個人的には濡れてる状態が好きでないので、やっぱり長靴をおすすめします。

 まだ持ってない人は、早めに購入するのが吉です。今はある程度需要にこたえているとは思いますが、amazonなんかだとでっかく購入したのに到着予定日がフジロック後なんかになることが多々あるので。

最初参加した時は、よくわからなかったので近所にあるカインズホームというDIY関連のものを扱っている量販店で、3000円くらいの作業用の長靴を履いていったのですが、微妙にださかったので周囲の目がちょっと気になりました。 まあ服のダサさとかを気にしてるのは大概自分だけっていうケースが多いと思うんですけどマインド的にね。。下にいくつか実際使える長靴を列挙しました。

 

日本野鳥の会の長靴は一番おすすめです。値段も手ごろだし、色もバリエーションが豊富なうえに、暑くなったときは折りたたみもできます。

 

 

 ハンターの長靴はがっしりしてていんですが、少し高いんですよね。。街中では台風の時くらいしか使わないので、若干割高な気がします。

 

 

 濡れる覚悟を決められる人は、あえてのクロックスもありかもしれません。

 

 

 

 あと、ここにはありませんが、GTホーキンスの長靴を友達が持っていて、結構よさそうでした。