読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェス日記

未だフェス初心者の僕がフェスについてブログに書き留めていきます。

フジロック

フジロック2016行ってきました〜!

今年もフジロック行ってきました!20周年ということもあっていろいろめちゃくちゃ良かったです。詳細は後日書いていこうと思います。今日はもう寝ます…笑

フジロック直前予習!これだけ押さえよう簡単アーティスト紹介② ― 2CELLOS (トゥー・チェロズ)

2CELLOSは2本のチェロでロックやポップスのカバーを演奏するクロアチア出身のイケメン二人組のユニットで、確かドコモのCMなんかにも出ていました。 もともとクラシック界で腕を競い合う二人がロンドンでの音楽留学中に再会し、マイケルジャクソンの「スム…

フジロック直前予習!これだけ押さえよう簡単アーティスト紹介① ― ROBERT GLASPER EXPERIMENT

フジロック初心者で洋楽をあまり聞かないという方のために、せめてこれだけ押さえれば盛り上がれるというアーティストをかなりざっくりいくつか紹介します。 前の記事でレッチリはすでに紹介したので、別のアーティストを紹介していこうと思います。 第一弾…

フジロック初心者の壁、ドラゴンドラに乗る- DAY DREAMING and SILENT BREEZEに初めて行ってきた

グリーンステージで音楽を聴いていると、ステージの裏手からゴンドラが行ったり来たりしているのが見えます。いつも、あーあれがたぶんドラゴンドラっていうやつなんだろうなー、と思って遠目に眺めていました。 ドラゴンドラはよく大学のはじめくらいに、苗…

フジロックのフェス飯

フジロックでは選りすぐりのご飯屋さんがフェス飯として出店しています。 真ん中に見えるのが苗場食堂です。ほかの店でゴリゴリの飲食店ボーイや飲食店ガールが威勢よくフェス飯を配膳している中で、ここは年配の渋いおじさんおばさんがとろろ飯などを売って…

フジロックでお酒を楽しむ

ピーカンの苗場で、音楽を聴きながらゆったり飲むハイネケン、最高でした。 このときは、昼の11時くらいからすでに軽く飲んでいました。 たまにウィスキーをたしなんだり。 会場には、いろいろな種類のお酒も売っています。 まだあるので、また書いていきま…

今年のフジロックで一番良かったアーティスト―キュウソネコカミが今後2年で天下取るかも

僕は日曜しか行っていないので、音漏れを含めて見れたのは5~6バンドでした。まあ、結局見たバンドってたいがいみんないい印象になるんですよね。その中でもってことでいくつか感想を書きます。 まあそれはおいておいて、やっぱり予想通りにノエルのラスト…

フジロック2015 行ってきました!

今週の日曜フジロック行ってきました!フェス酒のことや、椅子、良かったバンドなんかについて、写真なんかもいれながらこれから記事に書いていきたいと思います。 同時並行で、サマソニとロッキンについても書いていきたいと思います。

フジロックで温泉に入る②

苗場にはいくつか温泉があるのですが、僕がおすすめする温泉は「御宿 本陣」の日帰り入浴です。ここは本来は高級旅館で、格式も高いところですが、フジロックの日は比較的オープンな感じになっています。 本陣の温泉は本当に最高なので、ぜひ入ってみてくだ…

フジロックで温泉に入る。①

フジロックがほかのフェスと比べてとてもいいところに、温泉に入れる!という点があると思います。一日ステージを歩いて、汗でべとべとになったところで温泉に入ると本当にさっぱりするし、スキー場で標高も高いので、温泉から出た後も気候がカラっとしてい…

フジロックの渋滞回避ルート

フジロック1日目はどうだったでしょうか?僕は今日は、前職場の同僚とさしのみをしていました。 さて、それはどうでもいいのですが、フジロックの渋滞回避ルートについてです。フジロックでもっとも渋滞するポイントのは、越後湯沢のICから苗場に向かう国道…

フジロックの持ち物(3つの名脇役小物編)

フジロックに行くにあたって何を持っていけばいいのだろう・・・初めてフジロックに参加する人は思うはずです。詳しい持ち物一覧はまた今度書くとして、今日は、フジロックに持っていくと地味に役に立つ小物類を紹介したいと思います。 1.携帯バッテリー An…

フジロック初心者が今年の会場で盛り上がるために押さえておくべき名曲3曲

友達に誘われて、今週末、急にフジロックに行くことになった!音楽は正直そんなに詳しくないけど、会場ではみんなと盛り上がりたい!そして曲の予習をしている時間はない! という方に向けて、これだけを聞いておけば2015年のフジロックで絶対に盛り上が…

フェスのお酒(フジロックで飲むお酒)

フェスではお酒も販売されていて、酒を飲みながら音楽を聴くことができます。 ピーカンのグリーンにイスを置いて、音楽を聴きながらゆったり座りながら飲むハイネケン、一度やると本当にやみつきになります。 お酒はいろんな種類が売られています。ドラフト…

フェス飯(フジロックのご飯編③)

正直なところ、詳細なフェス飯の評論については、ガチのグルメフジロッカーに譲るとして、実用的なフェスライフの充実のために何が必要かということを書きます。 重要なことは、「とにかくこまめにめっちゃ食べまくれ!」ということです! フェス飯はおいし…

フェス飯(フジロックのご飯編②)

フジロックの名物休憩スポットに、ところ天国というのがあります。 ネーミングがいいですよね(笑) 天国という名前がついているだけに、ステージとステージの間の休むにはちょうどいい川のほとりに屋台がならんでいます。ここも、いろいろな屋台が出ていて…

フェス飯(フジロックのご飯)

フジロックにあるいろいろな屋台で食べるごはんも、フジロックの魅力の一つではないかと思います。フジロックでは、大きいステージの近くに屋台が集まっている一群のエリアがあります。 一番大きいのが、入り口付近のレッドマーキーとグリーンステージの間に…

フジロックの持ち物(レインウェア編③)

前回の続きです。個人的にはジャケットタイプのアウトドア用レインウェアがおすすめですが、④のポンチョタイプもありはありだと思います。 コロンビア(Columbia) ユースバックアイスプリングスポンチョ 022 PY1035 出版社/メーカー: コロンビア メディア: …

フジロックの持ち物(レインウェア編②)

前回の続きです。 レインウェアを持っていくことの重要性は前回の通りですが、じゃあどんなレインウェアを持っていったらいいのかということでいくつか見てみたいと思います。 おおまかに分けて、いまから調達できるものとして、 ①コンビニとかで売っている…

フジロックの持ち物(レインウェア編)

もうあとフジロックまで一週間もないので、各論から進めていきたいと思います。本当は、教科書ではないですけど、総論からはじめて各論に進んでいったほうがわかりやすいとは思うんですが、なにせ時間がないので必要と思ったことから書いていきます。 フジロ…

フジロックまであと一週間

フジロックまであと一週間切りましたね! 僕は日曜に行くので、もしこのブログを見てる人で偶然ばったり会うことがあったらハイネケンで乾杯しましょう(笑)!まあ何万人もくるんでまずそんなことはないでしょうけど・・ そういえばさっきウェザーニュース…

フジロックの持ち物(椅子編)

フジロックで必須のアイテムとしてあげられるものの一つに、イス(アウトドア用)があります。 最初にフジロックに行ったときは、荷物になるし、適当に地面に座ればいいじゃん、とイスを荷物のリストから外したのですが、これが失敗でした。 現地についてみ…

フジロックの服装(長靴の本質編②)

FUJI ROCK FESTIVAL さんのページを引用させてもらいましたが 現地はちょっとでも雨が降るとこんな感じになります。ここを、何万人も人が踏んでいくわけですから、ぐちゃぐちゃになってしまうのも無理はないです。 ただ、個人的な失敗談を話すと、完全にピー…

フジロックの服装(長靴の本質について)

野外フェスで足元の定番といったら長靴ですよね。だけど、中には1日長靴を履いてたら正直暑いし蒸れそうで、いやだなっている人も多いと思います。 ですが、僕は長靴を持っていくことを強くお勧めします。というのも、会場は保蔵されているわけではないので…

フジロックへの移動手段(車解決編)

前回の続きです。仮に、駐車場券を買うのを忘れてしまった場合、チケットなしでオフィシャルな駐車場に特攻した場合、仮に駐車場に空きがあった場合でも駐車場券がなければ絶対に入れてくれません。駐車場券は、入場券とセットのため、新しく駐車場券付きの…

フジロックへの移動手段(車編③)

車で行った際の不安な点としては、①渋滞するかもしれない、という点に加えて②駐車場がないかもしれない、というのがあると思います。 駐車場については、チケットに駐車券付きのものが売られていて、これを購入することで、会場近辺のオフィシャルに用意され…

フジロックへの移動手段(車編②)

車で苗場に移動する際に不安な点として、①渋滞するかも②駐車場がないかもしれない、というのがあると思います。 ①渋滞に関しては、あくまで経験則ですが、朝早く出発すればそれほど大きく混雑することはないと思います。東京からなら、5時半とか6時に出発…

フジロックへの移動手段(車編①)

新幹線に加えて、フジロックへ車で行くのもポピュラーな移動手段だと思います。 東京からだと、関越を使ってだいたい3時間くらいで越後湯沢ICまで行くことができます。高速を降りて、苗場までの一本道をだいたい一時間ちょっとくらい走ると通常苗場につきま…

フジロックへの移動手段(新幹線③)

新幹線でフジロックへ行くにあたっての、追加の補足です。 新幹線で東京方面から行くと、越後湯沢の駅に着きます。この駅がけっこうすごい。冬場はスキー客でにぎわうこともあって駅構内のお土産や飲食店はかなり充実しています。 フェス飯とかもあるので(…

フジロックへの移動手段(新幹線②)

新幹線のメリット・デメリットは前回簡単に書きましたが、さらに補足していきます。 新幹線を移動手段として使った場合は、渋滞がなく時間通りで、帰りの車内でビールを飲みながらフェスの余韻にひたれるなど、ゆっくりしながら移動できることです。 しかし…

フジロックへの移動手段(新幹線①)

新幹線での移動はとにかく楽です。座っていれば越後湯沢の駅に着いてしまいます。 私が新幹線を使った際は予約は直前でしたが、すんなり予約できたと思います。 ただ、4、5人で行こうとなったときは早めでないと固まった席をとるのは難しいかもしれません。 …

フジロック会場への移動手段

フジロックの行われれる会場(苗場)に行く手段としてはいくつかあります。 1.新幹線 2.マイカー 3.バス 4.バイク等 5.チャリ 6.徒歩 僕は1.新幹線と2.マイカーで苗場まで行ったことがあります。 それぞれの長所・短所について書いていきた…

チケットについて

チケットはネットや、コンビニなどで買います。 セブンイレブンやローソンに置いてある端末から簡単に買うことができます。 別に運営側の回し者ではないけど、チケットは早めに押さえておいたほうがよいです。 というのも、人気のアーティストが出るときは1…